日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 近畿圏 >> JR桜島線

JR桜島線延伸

JR桜島線は、西九条駅から桜島駅まで4.1kmを結ぶ路線です。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへのアクセス路線として知られ、「JRゆめ咲線」とも呼ばれます。これを舞洲を経て夢洲まで約6km延伸する計画があります。北港テクノポート線計画とのかかわりにも触れながら解説します。

JR桜島線延伸の概要

JR桜島線の延伸構想は、桜島駅~舞洲駅~夢洲駅の約6kmです。2014年にまとめられた「夢洲への鉄道アクセスの技術的検討の報告」によりますと、ユニバーサルシティ駅西付近から地下化し、桜島駅を地下化。北西の舞洲へ地下路線で進み、さらに南西へ折れて夢洲に達するというルートです。

桜島駅~夢洲駅間の途中駅は舞洲駅のみです。大阪駅~舞洲駅の所要時間は約22分。概算整備費は1700億円と見積もられました。建設期間は、標準工期で11年、短縮工期で9年と考えられています。

整備主体や開業予定、運転計画などは未定です。JR西日本は、2022年度までの中期経営計画で「夢洲アクセス検討」を掲げており、IRが実現した場合に、整備を検討する姿勢です。2025年の大阪万博までに開業することはありません。

画像:大阪市「夢洲への鉄道アクセスの技術的検討について」より

JR桜島線延伸の沿革

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの西にある島を舞洲、その南西にある島を夢洲といいます。これらの人工島をつなぐ鉄道を敷く構想は、1983年に「テクノポート大阪計画」が発表されたころから具体化し始めたようです。

1989年の運輸政策審議会第10号答申では、海浜緑地(コスモスクエア)~北港南(夢洲)~北港北(舞洲)間を結ぶルートが「北港テクノポート線」として、2005年までに整備に着手することが適当な路線とされました。さらに北港北から此花方面が「今後路線整備について検討すべき方向」として盛り込まれました。

1991年に大阪市はオリンピックの招致活動を開始。舞洲が会場予定地、夢洲が選手村予定地とされました。北港テクノポート線はそのアクセス鉄道としての役割が付与されることになります。当初の構想は、桜島線の延伸ではなく、地下鉄中央線を大阪港からコスモスクエアを経て、夢洲、舞洲まで延ばすというものでした。

1998年になり、北港テクノポート線の計画は新桜島までに拡大されます。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の誘致が決まったことを受けたもので、新桜島駅はUSJの北側に隣接する位置に予定されました。

画像:大阪市北港テクノポート線建設事業に係る事後調査報告書

新桜島への接続路線として、JR桜島線の延伸が計画されました。桜島線は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの整備計画にあわせて、1999年に安治川口~桜島間のルートを変更、桜島駅を移設しています。移設された桜島駅は新桜島駅への延伸を考慮した形となり、大阪市はJR西日本に新桜島駅まで約1kmの延伸を要請しています。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは2001年7月に無事開業したものの、大阪オリンピックの誘致は2001年7月のIOC総会で失敗。北港テクノポート線計画は凍結となり、JR桜島線の新桜島駅延伸も立ち消えとなりました。

一方で、京阪中之島線の新桜島駅延伸計画が浮上。玉江橋(現中之島)~西九条~千鳥橋~新桜島間として建設するルートです。2004年の近畿地方交通審議会答申第8号で、「中期的に望まれる鉄道ネットワークを構成する新たな路線」として記載されました。

まとめると、2000年代前半までの大阪北港への計画路線としては、大阪市内からJR桜島線と京阪中之島線を新桜島駅まで建設し、その先は北港テクノポート線が舞洲、夢洲を経てコスモスクエアをつなぐルートとなっていたわけです。

しかし、オリンピック招致失敗の後、大阪湾岸の開発が停滞したこともあり、これら鉄道計画は全く進展しませんでした。状況が変わったのは、2008年に大阪府知事に橋下徹が就任してからです。

大阪府知事就任後、橋本知事は、大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)の再建問題に絡み、JR桜島駅からニュートラムのトレードセンター前駅まで約4kmの延伸を検討。2009年9月の各社報道によれば、舞洲や夢洲に寄らず、桜島駅からトレードセンターへ海底地下路線で直結するルートが考えられていたようです。

この計画は具体化しませんでしたが、 その後、大阪府市が夢洲に統合型リゾート(IR)の誘致を進めるにあたり、鉄道アクセスとしてJR桜島線の延伸が改めて検討されました。

2014年9月には、IR立地準備会議「夢洲への鉄道アクセスの技術的検討の報告」で、JR桜島線の延伸計画の概要が明らかにされました。それが上記した約6kmのルートで、新桜島駅を経由しません。報告ではこのルートのほか、舞洲へは「京阪中之島延伸案」も検討されていて、JR桜島線で確定した話にはなっていません。

2018年4月には、JR西日本が2022年度までの中期経営計画で、「夢洲アクセスの検討」を記載。2018年11月には、2025年大阪万博が夢洲で開かれることが決定し、JR桜島線延伸の機運は高まりました。ただし、JR西日本の来島達夫社長は、万博開催のみでの延伸はせず、IR誘致決定が路線延伸の前提という姿勢を見せています。

画像:「JR西日本グループ中期経営計画 2022」より

北港テクノポート線計画という視点で見ると、コスモスクエア~夢洲間3.0kmについては、大阪メトロ中央線が建設することが決まっています。夢洲~舞洲~新桜島間の計画は残されたままですが、夢洲IRが正式に決まれば、JR桜島線の延伸によって実現する可能性が高まる、といった状況でしょうか。

JR桜島線延伸のデータ

JR桜島線延伸のデータ
営業事業者 JR西日本
整備事業者 未定
路線名 桜島線(ゆめ咲線)
区間・駅 桜島~舞洲~夢洲
距離 約6km
種別 未定
種類 普通鉄道
軌間 1067m
電化方式 1500V
単線・複線 複線
開業予定時期 未定
備考 --

JR桜島線の今後の見通し

JR桜島線の舞洲・夢洲延伸は、夢洲IRの実現が決定することが前提です。実現した場合に、大阪駅とIRを直結する鉄道路線として前向きに検討されることになるでしょう。

夢洲では2025年に大阪万博が開催されます。ただ、万博は一時的なイベントにすぎないため、それだけでは鉄道を建設することにはならない、というのがJR西日本の立場です。

逆に言えば、IRが実現しなければ、JR桜島線の夢洲延伸も実現されない、ということになりそうです。

新桜島~舞洲~夢洲の路線計画は、もともとは北港テクノポート線の枠組みとして構想され、地下鉄中央線を大阪港から延伸する形が想定されていました。この案については、梅田から北港への利便性に難があるため、おそらくは採用されないとみられます。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP