日本の鉄道の新線・延伸、新駅計画をまとめた未来情報サイトです。

鉄道計画データベース

トップ >> 地方都市 >> 岡山駅前路面電車

岡山駅前広場路面電車乗り入れ

岡山駅前には、岡山電気軌道の路面電車の停留所があります。この停留所を岡山駅前広場に移設し、JR線との乗り換え利便性を向上させる計画があります。2023年春の開業予定です。

岡山駅前広場路面電車乗り入れの概要

岡山電気軌道の岡山駅前電停は、JR駅ビルから市役所筋を挟んだ東側にあります。ここから軌道を西(駅方向)に約100m延ばし、岡山駅東口駅前広場内に乗り入れさせる形で、駅前広場を整備します。

画像:岡山市

JRの駅ビル前に、2面3線のホームを備えた電停を新設。JR岡山駅東口を出て電停までの距離は現在の約180mから約40mに短縮します。

画像:岡山市

現在の岡山駅前電停は東西に2カ所のホームを備えますが、これを東側(現降車ホーム)に集約し、西側(現乗車ホーム)とともに地下街と接続する階段を廃止します。東側ホームは通常の電停として存続します。

2022年度中に工事を完了し、2023年度に運用開始をする予定です。実際の開業日は2023年春になるとみられます。

2018年11月22日に、デザイン案が決定。岡山の名所・後楽園をモチーフとしたデザインになります。

岡山駅前広場路面電車乗り入れの沿革

岡山駅前広場への路面電車の乗り入れは、大森雅夫市長が1期目就任直後の2013年12月に検討を表明し、計画が動き出しました。交通結節点となる岡山駅の利便性と中心市街地の回遊性を高める狙いとされました。

乗り入れ方法としては、岡山駅構内に接続する「平面乗り入れ」、岡山駅2階の中央改札口に接続する「高架乗り入れ」、駅前電停付近から地下に入る「地下乗り入れ」、現在の岡山駅前電停からエスカレーターなどで2階のJR中央改札を結ぶ「歩行者デッキ連結」の4案が提示されました。

有識者の調査検討会の協議の結果、コスト、利便性などから2015年11月に「平面乗り入れ」が採用されています。

その後、「路面電車乗り入れを含めた岡山駅前広場のあり方検討会」により、バスやタクシー乗り場を含めたレイアウトやデザインを検討してきました。2018年にデザイン案を公募。応募のあった6案のうち、同年11月に「弥田俊男設計建築事務所」の案に決定しました。春日大社の国宝殿増改築で設計デザインに携わるなどの実績がある事務所です。

2018年度末をめどにデザインを固め、2019年度に詳細設計、2020年度中の着工、2023年度の運用開始を目標としています。

岡山駅前広場路面電車乗り入れのデータ

岡山駅前広場路面電車乗り入れのデータ
営業事業者 岡山電気軌道
整備事業者 岡山市
路線名 東山線
区間・駅 岡山駅付近
距離 100m
種別 軌道事業
種類 軌道
軌間 1,067mm
電化方式 直流600V
単線・複線 複線
開業予定時期 2023年春
備考 --

岡山駅前広場路面電車乗り入れの今後の見通し

岡山駅前広場路面電車乗り入れは、すでにデザインを決定し、詳細設計に入る段階です。2020年度に着工、2022年度中の工事完了を目指していて、多少の遅れを生じる可能性はあるにせよ、実現は間違いない状況です。

岡山の路面電車では、環状化などの延伸構想もありますが、それについては全くの白紙です。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP